岩山直樹税理士事務所の1階は、誰もが気軽に相談できる『相談カフェ』
公開質問「青色事業専従者給与」について

ペンネームcaz様より、

現在、私は青色事業専従者になっているのですが、私がパートで働きに出ながら両立すると青色事業専従者とみなされるのでしょうか?

マスターがお答えします。

青色事業専従者とは、
青色申告を要件に家族への給料を経費として認めるというものです。
これにより所得(利益)が分散され、結果節税となります。

青色事業専従者の要件の一つに、
「1年を通じて6月を超える期間、その青色申告者の営む事業に専ら従事していること」という規定があります。

つまり、caz様の場合、
夫の事業にどれくらい専従しているか?
がポイントとなります。

営業時間のほとんどを専従者として働き、
営業時間以外にパートで働く分には問題ありません。

ただし、営業時間中にパートで働く場合には注意が必要です。
1年を通じて6月を超えること
他の仕事が短時間等「主」でないこと
専従している事業に支障をきたさないこと
など、職種や仕事内容にもよりますが、

基本、家族のために専ら従事して働く場合の特例

と言う事を忘れずに。


<<マスターからのワンポイントアドバイス!>>

「青色事業専従者として認めらないからパートとして働くのを辞める」のではなく、認められない事による税負担の増加分以上にパートで稼げるようであれば、結果収入増になるので一つの手段かと思います。
また逆に、caz様がもっと事業に専念し、夫のマネジメントを行い、事業で収入増を図ることも一つかと思います。
何にせよ、税金は「結果に対する単なる副産物」であるという事を忘れずに。



★当ブログでの公開質問・公開相談はこちら
★マスターによる相談・レッスン・倶楽部はこちら
★マスターのいるブックカフェ学び家はこちら

Produced by
ブックカフェ学び家&岩山直樹税理士事務所
富士市石坂278-1/0545-22-6558

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
会計の話 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://iwayama.de-zai-n.com/trackback/67