岩山直樹税理士事務所の1階は、誰もが気軽に相談できる『相談カフェ』
子離れ・親離れ
大難産での双子の出産。
そして夫婦二人三脚での双子の育児。
たくさんの楽しい思い出。
でも、あっと言う間の13年。

早いものでウチの双子、もう中学二年生になりました。
相変わらずサッカー頑張っております。

小学校時代のサッカー少年団時代とは異なり、
中学部活はとっても楽なもので、
応援していりゃいいみたいな何とも味気ない。

まだ一緒にサッカーやったり、お風呂入ったり、遊んだり、寝たりはしてくれるが、
これもあと数年。

最近、「二人が高校を卒業したら(ウチを離れたら)」をすごく考えてしまう。
淋しい・・・なんてものじゃなく、淋し過ぎる。どうしよう?

年齢的にも41歳と人生の折り返し地点を過ぎ、残りの人生について考えさせられる。
夢や理想はあるが、いよいよそれらを達成させる段階に来てしまったのだと改めて感じる。
もちろん、必ず達成させる自信はあるが、まだ夢見てるままで、まだ苦労しているままでいたい。

何より、子供達とずっと一緒にいたい。ずっと一緒に過ごしたい。

これは無理なことなのはわかっている。
「可愛い子には旅をさせよ」と常々言ってきたのに。
いざその時が近くなると淋しい気持ちでいっぱい。

子離れ、本当に出来るのかな?

今一番の心配事です。
子供達のいない家に帰るなんて想像もつかない。
子供達のいない食卓なんて考えられない。
子供達がいたから色々と頑張ってこれたのに。

みなさんはどのように克服してきたのでしょうか?
失恋のように、やっぱり時間が解決してくれるんですかね?
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
家族 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://iwayama.de-zai-n.com/trackback/346