岩山直樹税理士事務所の1階は、誰もが気軽に相談できる『相談カフェ』
親としての「見極め」

小学校6年生の夏の話。

サッカーでコンビを組んでいたJ(※詳しくはこちらのブログで)が、サッカーの名門中学校「東海一中」に行くと言う。
当時まだJリーグも無く、サッカー日本代表など知る人ぞ知る、サッカーで飯が食えるなど考えられない時代に、Jは日本代表を夢見て名門中学に行くことを自ら決意し親にお願いした。

「一緒に行かない?」

と誘われるものの、
イマイチ踏ん切りがつかない僕。
とは言え、このまま進めば「サッカー部の無い富士中学校」に入ることになる。

そんな中、サッカー部のある近くの中学校に編入した先輩の親が、僕を養子にしたいという。
養子になれば、そこの中学に入ることができサッカーが続けられるからと。
いわゆるスカウトってやつ。

僕は迷いに迷った。

サッカーは続けたい・・・
でも、東海一中いくまで本気でもないし・・・
近場でできれば・・・
でも、養子って何か嫌だな・・・
でも、サッカーのない中学は最悪だ・・・

僕は何となく父にこう言った。
「サッカーのある中学校に行きたいかも・・・」

しかし父は、

「富士中に行きなさい。お前はそこまで本気ではない。しかも、それほどの実力を持っているわけでもない。行ったらきっと潰れる。駄目になる。サッカーがやりたいなら他の方法を探そう。サッカーだけでなく勉強も遊びもバランス良く楽しんだ方が良い。」

と言い放ち、
その言葉に何も言い返せず、
僕はサッカー部のない富士中に進んだ。
週1回の練習ではあるが、3年間トレセンに通いサッカーを続けた。
周りの仲間にどんどん追い越されながらも。

悔しくて悔しくて父を恨んだこともあった。

その後、高校でサッカー部に入り青春を楽しんだ。
社会人になっても仲間達とサッカーを楽しみ、
そして今、子供達とサッカーを楽しんでいる。

一方Jは、高校日本代表、そしてJリーグへ。
夢を叶えた。

僕は、あの時の父の言葉に、今はとても感謝している。
子供の希望も大切ではあるが、可能性は誰にでもあるかもしれないが、
親としての「見極め」も大切かと思う。
振り返り、そう思うようになっていった。


サッカーをやっている子供の進路について
同じように悩んでいる親に相談されると、
いつも父の言葉を思い出す。

本気スイッチが入ったとき、きっと自ら動き出す。
Jのように自ら道を決断する。
周りに何と言われようと。
そんなやつが夢を叶える。
進路など関係なく、誰もが、どこからでも、いつからでも、サッカー選手になれると信じている。
本気スイッチさえ入れば。

そんな話をする。
ときに熱く。

もちろん子供にも。

サッカーは目的ではなく、
人生を楽しく上手に生きるための手段。
サッカーも、勉強も、遊びも、バランス良く本気で楽しもう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
出産と育児 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://iwayama.de-zai-n.com/trackback/262