岩山直樹税理士事務所の1階は、誰もが気軽に相談できる『相談カフェ』
【丸々2年間の免税が受けられなくなる!?】消費税法改正による「法人成り」駆け込み需要

平成23年度の税制改正により、「新規設立法人の消費税2年間免税」の恩恵を、丸々2年間受けることができなくなる企業がでてきます。

簡単に説明しますと

今までは、
1期目・2期目は基準期間(2年前の売上)が無いため免税。
3期目は、1期目(基準期間)の売上が1,000万円を越えてなければ免税、超えていれば課税。
つまり、少なくとも丸々2年間は免税の恩恵を受けることができた。

が、

今後は、
1期目は基準期間が無いため免税。
2期目は基準期間は無いが、前期(1期)の半期の売上等が1,000万円以上の場合は課税。
となり、丸々1年間しか免税の恩恵を受けることができなくなることもあります。

ただし、
この改正は平成25年1月1日以降に開始する事業年度からの適用となります。

つまり、
平成24年1月1日以降に設立した法人は、丸々2年間恩恵を受けることができなくなる場合もあると言う事です。

と言う事は、
23年12月までの新規設立法人に関しては、丸々2年間恩恵を受けることができることになります。

と言う事なので、
タイムリミットはあと少しです。

今後、「法人成り」の駆け込み需要が予想されます。
課税事業者である個人事業主で「法人成り」を考えている方は、
お早めに『相談専門カフェ』まで御相談くださいませ♪

当社では、法人設立から会計・税務まで万全なサポート体制が整っています。
また、法人設立2年間は「法人決算申告料20%割引制度」もございます。
税法は改正されても、当社のサービスは改正しません(^^ゞ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
税金の話 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://iwayama.de-zai-n.com/trackback/258