岩山直樹税理士事務所の1階は、誰もが気軽に相談できる『相談カフェ』
それでも顧客からスタートします。

マーケティングにお金を出す企業は少ない。

それは百も承知です。
だから僕たちは、マーケティングや商品企画を依頼してくれる企業を待つのではなく、
自ら先にマーケティングし、商品を企画し、企業に提案するスタイルを取ります。
お金は成功したらで構いませんって感じで。

僕達「もしドラ主婦マーケティング部」は、お金が目的ではなく、

企業の目的である「顧客の創造」に対し、
基本的な機能であるマーケティングイノベーション
しっかりと行ないたいでけなのです。
マーケティングの理想である「販売を不要にする」を追い求め、
徹底的に顧客からスタートし成果につなげたいだけなのです。
徹底的に顧客主体の商品を企画し成果につなげたいだけなのです。

顧客主体ではなく、企業主体で商品を企画するのはどうかという意見に対し、
ある方に言われました。

自分たちが作りたいものを作って何が悪い?

って。
別に何も悪くはありません。
成果につながれば、顧客満足につながれば良いのですから。

ただ僕は、やはり顧客からスタートしたいです。

自分たちが作りたいもの、自分たちが売りたいものではなく、
顧客が価値ありとし、顧客が必要とするものに対し、
自社の製品・サービスを合わせていきたいです。

理想かも知れませんが、
難しいことかも知れませんが、
僕はドラッカー経営を貫きます。

すべては顧客からスタート。

「もしドラ主婦マーケティング部」来週15日に2回目の活動を行ないます。
前回の皆様の声をカタチにします。

嬉しいことに次の依頼も来ています。
部長・副部長も決めさせて頂きました。

楽しみながら世のため人のために活動していきましょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
母力マーケティング部 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://iwayama.de-zai-n.com/trackback/232