岩山直樹税理士事務所の1階は、誰もが気軽に相談できる『相談カフェ』
僕には「数字の声」が聞こえる

小さい頃から数字が好きだった。
計算問題よりも証明問題が好きだった。
方程式が好きだった。
難題を解くことが好きだった。

だから今の仕事は僕にとって天職。
大好きな数字に囲まれ、次から次へと難解な問題が降ってくる。
難題を解き、お客様が満足してくれたことに幸せを感じる。

僕は数字を大切に扱う。

決算書の結果としての数字だけでなく、
原因から結果に至るまでの過程としての数字。
構成とバランス。

僕には「数字の声」が聞こえる。

これは別に特殊能力ではなく、
大好きな数字から何かを感じ取ろうとする姿勢によるもの。

経営のすべては数字に表わされる。

ゆえに、
数字を見ればその会社がどのような経営を行ってきたかがわかる。
どこに原因があり何を改善させれば良いか数字が勝手に教えてくれる。

昨日から始まった某企業の経営再建コンサルティング。
1日かけて「数字の声」をしっかり聞かせてもらった。
そして数字から、改善策であり、今期1年すべき事を教えてもらった。
まずは財務戦略だけで年間数百万円の資金増。
その後は、もっともっと様々な「数字の」声を聞きながら、
ドラッカーと共に事業戦略を策定していこうと思います。

経営者の皆様、是非「数字の声」に耳を傾ける努力をしてみてください。
きっと何かを教えてくれるはずです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
会計の話 / comments(1) / trackbacks(0)
Comment








数字の声…
自分には 数学は 催眠術でした(笑)
今 自分は 身体の声 にしっかりと耳を澄まして 受け止めるように 患者さんと向き合ってます。
身体をみれば その人の全てがわかる…というような ウサン臭いものではなくて…
腰が痛い… 膝が痛い… 足が痺れる…
はたまた
もう少し速く走りたい… もう少しゴルフがうまくなりたい…
今よりもう少し…
そういう事に対して 表面に現れているものや その人が持つ身体感覚などに 向き合えるように…

そのために必要な事は…
科学的な事も当然必要だけど もっと大切なものが…

問診

字にすると な〜んだ って感じだけど ここでどれだけ その人の背景を見れるか…

非常に大切で難しい事ですが しっかり向き合えば見えてくるものだと 信じてます。

身体の声が…

畑は違うけど マスターの仕事と 人と向き合う という点では 共通しているような…
from. Taichi / 2011/03/19 10:14 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://iwayama.de-zai-n.com/trackback/199