岩山直樹税理士事務所の1階は、誰もが気軽に相談できる『相談カフェ』
簿記・会計は何のためにあるのか?

確定申告のシーズンです。
個人で事業をやられている方は、今一番大変な時かと思います。
年に一回の帳簿の整理と集計作業に・・・

税理士事務所において一番メインの仕事は「会計指導」です。
適正な会計があり、適正な利益が計算されて、初めて税金が計算できます。
税金はあくまで結果であって、その前の過程が大切なのです。

会計処理を行うには最低でも「簿記」の知識が必要です。

中小零細企業のほとんどは経理事務員を雇えないため、自社で会計処理をする事ができず税理士事務所が行っているのが現状です

最近では色々な会計ソフトが出ており、簡単に会計処理をすることができますが、簿記の知識がないと「単なる帳簿の整理と集計作業」になってしまいます。
これは非常にもったいないことです。

会計の目的は、
‥正な利益の把握
⊃字による問題点の把握
にあり、そのために簿記の知識が必要となるのです。


問題点が把握できたら改善さえすれば良いだけの話で、
その改善により利益は上がることになります。

では質問です

’に一回だけ「適正な利益」と「数字による問題点」を把握する
∨莊遏崚正な利益」と「数字による問題点」を把握する
両者を比較したとき、どちらがより利益が上がるでしょうか?


その答えが、会計の本当の目的であり、僕達の仕事なのです。

僕達はビジネスドクターとして、毎月適正な会計処理を行い、「適正な利益」と「数字による問題点」を把握し、将来を予測し、改善策を練り、実行し、改善し、会社をより利益体質にしていきます

僕達が簿記・会計を重視しているのは、決して税金の申告をするためでなく、利益をあげるためということを知ってもらえたら幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村 子育てブログ 双子へ
ランキング参加中!応援よろしく!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
会計の話 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://iwayama.de-zai-n.com/trackback/17