岩山直樹税理士事務所の1階は、誰もが気軽に相談できる『相談カフェ』
『華麗なる相続』アマゾンにて販売開始!


相続対策カレー『華麗なる相続』が、アマゾンで購入できるようになりました!
1人前180g×5個入りで税込2,500円にて販売しています。
贈り物に大変喜ばれています!
お父様・お母様に是非プレゼントし相続対策を考えてもらってはいかがでしょうか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
相続 / comments(0) / trackbacks(0)
講演会『温かく優しい幸せな相続を迎えるために』inロゼシアター
平成26年5月24日(土)ロゼシアターにて講演会『温かく優しい幸せな相続を迎えるために』を開催しました。

今までも様々なイベントや活動を行ってきましたが、どんな良い知識を得ても、どんなに感動しても、『行動』に移してもらえないのでは意味がありません。
専門家の役割は、「複雑な知識をわかりやすく説明し『行動』に移させる」です。



「相続」という、ただでさえ複雑な知識&デリケートなテーマ。
遺言が普及しないのと同じく、『行動』に移してもらうことは至難の業です。
少しでも簡単に、少しでも楽しく、試行錯誤の毎日です。

でも一つだけはっきりと言えることは、「やったもの勝ち」ということ。
今回紹介した対策「自分でできる3ステップ」は、複雑な知識はいらず、誰でも簡単にできることです。
特に「相続対策バインダーAi」を使えば。
そして「やったもの」は必ず家族を幸せにすることができるのです。

後は「やる」か「やらない」かだけのことなのです。

亡き父が用意してカタチにしてくれた想いによって、僕達家族が幸せになれたように。



全国講演の第一歩。
横須賀での開催を依頼されました。
一人でも多くの家族が幸せになれるよう頑張っていきたいと思います。

ちなみに、アンケートで最も関心が高かったのが「家族信託」だったことには驚きました。
相続対策の主流となるだろう「家族信託」について、今後は事例を含めセミナーに取り込んでいきたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
相続 / comments(0) / trackbacks(0)
福祉相談関係者との勉強会

昨夜は、「富士市福祉相談関係者と司法関係者の勉強会」に招かれ、
『ふじ相続サポートセンター』の想いや取り組み、今後の計画などを話させて頂きました。



また第二部では、福祉相談関係者による「事例検討」を行ったのですが、
当センターの扱う事例とはまた異なる複雑さ(認知症・障害・DV・生活保護等)があり、
その中で「相談者のために」知恵を絞り行動する皆様には、本当に頭が下がる思いでした。

とは言え、これらは他人事ではなく、当センターにおいても今後はこれら複雑な問題に対しても考えて(勉強して)いく必要があり、今回お集まりになられた福祉相談関係者の方々と協力していく必要があることを切に感じました。

当センターでも、4月よりパートナーを対象とした『定例会』を開催する予定でいます。

■専門家チームによる事例発表&パネルディスカッション
■パートナーからの質疑応答&意見交換
■上記を通じての「相続コーディネーター」の養成
■イベント企画&ラジオ番組(コーナー)の検討

を行っていきます。
定例会を中心に、パートナー同士の絆を深め、『ラジオ番組』と『大規模な終活イベント』を成功させ、相続のイメージを一新させていきたいと思っています。

興味のある方は、『ふじ相続サポートセンター』のホームページ「パートナー募集」を確認してみてください。

福祉相談関係者の皆様、お招きありがとうございました。
今度は是非、当センターの『定例会』にも参加して頂き、パートナーとして共に活動していきたいと思います。
これからも宜しくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
相続 / comments(0) / trackbacks(0)
『ふじ相続サポートセンター』10月1日オープン&パートナー企業募集!

ミッションは、『家族の絆の再確認』



相続の『相』には、「姿・姿勢・さま」という意味があります。
また、「心」をつけると『想い』になります。
つまり相続とは、
「故人の素晴らしい姿・姿勢・さま・想いを後世に続ける(引継ぐ)こと」を言います。

決して財産を引き継ぐだけが相続ではないのです。

相続を機に、争いが起こり、家族がバラバラになることも多々あります。
とても悲しいことです。故人も報われません。

ふじ相続サポートセンターでは、相続の専門家で構成された「チーム絆」と、
ミッションに賛同して頂ける企業で構成された「パートナー絆」と共に、
相続という人生最大のイベントを通じて、『家族の絆』を再確認し、より深めてもらえるよう社会に貢献していきます。

すべての始まりは、一人ひとりが家族に想いを伝え遺すことから。
自分自身の人生を精一杯生きるために。
何より家族の幸せのために。

ふじ相続サポートセンター
センター長 岩山直樹



単なる手続きや対策としてではなく、
また法のための目的を変えるのではなく、
チーム絆&パートナー絆と共に、
「家族の絆」を大切にした相続対策&相続手続を提案していきます。

『ふじ相続サポートセンター』は、2012年10月1日にオープンします。

ミッションを果たすべく様々な企画(ラジオ番組・イベント)を考えています。
ミッションに賛同し共に活動して頂けるパートナー(企業・団体)を募集しています。
詳しくは、こちらの公式サイト(http://fuji-souzoku.com)を確認ください。

なお、10月1日18時より、岩山直樹税理士事務所3周年記念パーティーを兼ね、パートナー企業への説明会を開催します。
興味のある企業・団体の方は、是非、足をお運びください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
相続 / comments(0) / trackbacks(0)
どうなる税制改正?相続税の申告をしなければいけない人が急増?

今回の税制改正

本来ならば4月1日より新税制スタートとなるはずが、
大震災の影響で現在は見送り状態となっています。

その中でも最も注目すべき点は、何と言っても

「相続税の基礎控除額の縮小」+「相続税率の引上げ」=『相続税の大増税』

今までは、
5,000万円+1,000万円×法定相続人の数=基礎控除額
つまり、法定相続人3人の場合、相続財産が8,000万円に満たなければ相続税の申告は必要なかったのが、

新税制では、
3,000万円+600万円×法定相続人の数=基礎控除額
つまり、4,800万円まで縮小されてしまいました。

一般のサラリーマンでも、
家+敷地+退職金(預貯金)+保険金※
で十分越えてしまう可能性があります。

※保険金の非課税枠も縮小されました。

今まで相続税の申告が必要な方は4%程度と言われていましたが、今回の税制改正により10%以上の方が必要になると予測されています。

しかも税率アップです。

本来であれば平成23年4月1日以降の相続に関して適用されるのですが、いまだ改正があるのかどうかはっきりせず、当社でも少々困っております。

相続税の申告が必要な方が増えると言う事は、
税理士事務所の仕事も増えると言う事になりますが、

お客様にとっては、
なるべくなら相続税の申告をしないよう、
もしくは少しでも相続税を少なくするよう、
事前に対策を考えてあげる方が嬉しいことかと思います。

当社はコンサルティングに力を入れた税理士事務所です。
そしてまた財産・不動産・相続関係を最も得意としています。
企業経営も、個人の相続も、すべては事前対策次第です。
出来るだけ早く相談に来てください。


きっと良い提案ができると思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
相続 / comments(0) / trackbacks(0)
エンディングノート

先日、ある方から電話がありました。

静岡市の住職のAと申します。
数年前、そちらの『エンディングデザインノート』を購入したものです。

何となく覚えていた名前。
話を聞いていくと、A様は先日「喜寿」を迎え、そのお祝いのお返しとして兄弟に『エンディングデザインノート』を贈りたいとのことでした。
前回購入したとき非常に感動したので兄弟にも贈りたいとのことでした。

『エンディングデザインノート』も少し残ってはいましたが、『ライフデザインブック』に新しく生まれ変わったことと、その変えた理由を告げ、そちらを勧めさせて頂きました。

ほとんどの「エンディングノート」は、名前からも「死」を意識させてしまい、デザインも落ち着いた感じのものになっています。

自らが必要性を感じ購入する方にとっては「そういうもの」として納得できるものの、贈られる側の人にとったら、それはあまり嬉しいものではないかも知れません。

家族として、相続対策として、想いをカタチに遺してもらいたい

と言うのは、こちら側の都合。
本人にとっては考えたくない事かも知れません。

『ライフデザインブック』は、「贈って喜ばれるエンディングノート」という位置付けです。



お洒落なデザインで、「死」を意識させず、むしろ「生」をイメージ。
過去から未来へと「人生」を記録しデザインし完成する一冊の自分書。

A様の兄弟に喜んでもらえたら幸いです。

とても嬉しい電話でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
相続 / comments(0) / trackbacks(0)
お洒落に、明るく、楽しく、贈って喜ばれるエンディングノート『ライフデザインブック』

3年前に『エンディングデザインノート』という「エンディングノート」を企画・製作しました。

これは、仕事上「相続」というものを扱っているため、
「家族に想いを遺すことで相続争いをなくしたい」という想いと、私自身が両親に「家族への(特に自分への)想いをカタチにして遺しておいて欲しい」という想いから製作するに至りました。

完成し最初に母親にプレゼントしました。
喜んでくれたものの、ふと見せる表情に「エンディング=死」を意識させてしまったような気がしました。数日後、母親は書く事もなくこの世を去ってしまいました。

あれから3年。
前回の反省と、エンディングノートの必要性を再確認し、もう一度製作することを決意しました。

コンセプトは、
「お洒落に、明るく、楽しく、贈って喜ばれるエンディングノート」

「両親に書いてもらいたい」それはあくまで僕の希望。
両親が自然と書きたくなるような、書いていて楽しくなるような。
そしてまた、贈られた事によって書くきっかけを貰い感謝してもらえるような。

ネーミングも「死」を意識させないよう、過去から現在、そして未来へと、人生そのものをデザインすると言う意味で「ライフデザイン」と言う言葉を用い、書き込む事で「一冊の自分書」が出来上がることからノートではなく「ブック」に。

そして誕生したのが『ライフデザインブック』です。

お洒落に、明るく、楽しく、臆って喜ばれるエンディングノート『ライフデザインブック』

是非、両親に贈ってあげてください。

両親に、歩んだきた道・軌跡、貴方への想い、家族への想い、これからこと、財産のこと、相続のことなど、「想い」を書き遺してもらってください。

エンディングノートとして、遺言・相続対策としての役割を、お洒落に、明るく、楽しく果たしています。

「ライフデザインブック」は、きっと、貴方にとっても最高の贈り物になることでしょう。

ライフデザインブックの企画・製作には、こんな想いが込められていたのです。

お洒落に、明るく、楽しく、臆って喜ばれるエンディングノート『ライフデザインブック』


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
経営・会計・税務・相続に関する御相談は・・・
岩山直樹税理士事務所&ブックカフェ学び家
富士市石坂278-1 ※大渕街道北上・東名越えてすぐ右の建物
0545-22-6558 ※気軽にお電話ください!
http://de-zai-n.com
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
相続 / comments(0) / trackbacks(0)
サッカーと相続?

今日は、双子の息子達がパパとの約束を守り、
自分達の目標を達成し、結果を出した、
最高の日でした

思うようにいかず悔しくて泣いたこと
パパに厳しい言葉を言われ泣いたこと
その悔しさをバネに人一倍努力したこと
誰よりもひたすらたくさん黙々と練習したこと
倒れそうになるまで頑張ったこと。
でも、常に前向きに楽しくやってきたこと。
パパが一よく番知っている。

努力は裏切らない

約束を守ったこと、男として誇りに思いなさい。
目標を達成したこと、人間として自信を持ちなさい。
君達はパパの自慢の息子だ

自分で言うのも何だが、
パパの背中を見てくれているのかな?


努力して目標を達成し約束を守り結果を出し、
楽しく生きているパパの後ろ姿。
そして想い。

「相続」・・・親の姿勢や想いを引き継ぐこと。

財産は遺すつもりはない。
でも姿勢や想いはいっぱい伝え遺すつもり。

パパは「最高の相続」を行っている最中。

だから君達はきっと幸せになる。
そして君達の子供達も。

おめでとう、そして、ありがとう

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村 子育てブログ 双子へ
ランキング参加中!応援クリックよろしく!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
相続 / comments(0) / trackbacks(0)
結婚したら相続対策

「相続」と聞くと、ほとんどの方が「私には関係ない」と答えます。

そう答える人のほとんどは、きっと「相続=お金・株式・不動産等の財産の承継」と考えているのではないでしょうか。
でも、それは相続の中の単なる一つの行為であって、本当の相続はもっともっと大きなものだと思います。
相続の本質を理解した時、きっと考え方も変わるかと思います。

では、その「相続の本質」とは?

相続の「相」という字には、「姿・カタチ・様(さま)」という意味があります。
また「相」に「心」をつけると、「想い」になります。
つまり相続とは、「自分自身が家族のために一生懸命楽しく生きている姿・様・想いを、家族に伝え遺し継続されていくこと」であると僕は思います。
お金・株式・不動産等だけでなく、もっと「大きな意味での財産(姿・様・想い)」を家族に伝え遺していくというものであると思います。

相続をこのように考えると、きっと家族は幸せになり、子供達も幸せな家庭を築くことができ、後世にも幸せが引き継がれていくことと思います。
相続は、楽しく、優しく、温かいものなのです
そのように考えると、今何をすべきか自ずと答えは出てくるかと思います。



結婚したら相続対策

家族をもった時から
家族の事を常に考え
家族のために一生懸命努力し
家族と人生を楽しむ

結婚・出産・育児・仕事・保険・マイホーム・ローン・独立・経営・退職・年金・老後・・・
あらゆる場面で、家族の事を考えた判断・行動が必要となります。
これら判断・行動(姿・様・想い)の結果が、

楽しく、優しく、温かく、幸せな相続

につながっていくものと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村 子育てブログ 双子へ
ランキング参加中!応援よろしく!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
相続 / comments(0) / trackbacks(0)