岩山直樹税理士事務所の1階は、誰もが気軽に相談できる『相談カフェ』
確定申告シーズン到来!
いよいよ確定申告シーズンが到来しました。
ほとんどの税理士事務所では、残業、休日出勤、泊まり?
で何とか乗り越えているようですが、当社は、


安心してください!


空いてますよ!(笑)




通常どおり残業無し&土日祝休みで乗り切っちゃいます(^▽^;)
しかもほとんどの顧問先は2月中に終わらせてます。

なので飛び込み客も楽々対応です(^^)v

とは言え、3月15日に資料を持ってくるのは勘弁してくださいね。
多分、前日に確定申告終了慰労会やると思うので。

そんな訳で、確定申告でお困りの方はお早めに連絡くださいね〜(^O^)/
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
マスターの仕事 / comments(0) / trackbacks(0)
相談カフェde気軽に相談♪


石坂から今泉に引越して早4ヶ月が経ちました。
以前に比べ、相談予約はもとより「飛び込み相談」もかなり増えています。

『相談カフェ』の一番の目的は、
「誰もが気軽に専門家に相談でき問題を早期に解決すること」です。

ちなみに当社は、ホームページにも謳っていますが、
『経営(零細企業)』『相続』が得意分野です(^^)v
具体的には、

【経営】
■起業 〜 心得・届出・創業計画・資金繰り
■経営 〜 戦略・計画・マーケティング・イノベーション
■企画 〜 商品・イベント・プロモーション・WEB
■財務 〜 資金計画・投資と回収・キャッシュフロー
■税務 〜 経理事務代行・月次決算・節税対策・届出・申告
■労務 〜 雇用・規程・人材育成
■行政 〜 会社設立・許認可・届出


【相続】
■認知症対策 〜 財産管理・成年後見・家族信託・介護福祉
■遺産分割対策 〜 エンディングノート・遺言書・贈与・家族信託
■不動産対策 〜 売買・賃貸・事業・信託・税金・マイホーム
■税金対策 〜 納税・節税・保険・不動産
■相続手続 〜 遺産分割協議書・相続登記・相続税申告
■一般 〜 マイホーム・贈与・保険・税務申告


病気と同じく「問題」も放っておくと酷くなります。
どんな問題でも「専門家チーム」が知識を出し合い解決に導きますが、
出来るだけ複雑になる前に足を運んで頂ければと思います。
また、下記の日程で無料相談も行っていますので上手に利用してください(^O^)/

【無料相談日】
■毎週水曜日10時〜16時
■第2土曜日10時〜16時
※不動産の活用は随時無料(不動産部長対応)

ただし、多くの方の問題を解決することを目的としているため、お一人様30分かつ1回限りとさせて頂いております。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
マスターの仕事 / comments(0) / trackbacks(0)
「相談カフェ」本日オープン!
本日6月8日(月)より、「相談カフェ/岩山直樹税理士事務所」オープンします!



たくさんの方々より、お花やお祝いを頂き、大変賑やかにこの日を迎えることができました。
皆様には大変感謝しています。本当にありがとうございます<(_ _)>



無事オープンできましたのでダルマにも目をいれました。



カフェは一般の方も入ることができます。
今後はランチも提供していく予定です。

もちろん相談予約も承っております。
ご予約・お問合せは0120-17-6558まで。

ランチ(マスターのカレー)はもうしばらくお待ちくださいませ(^_^;)
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
マスターの仕事 / comments(0) / trackbacks(0)
事務所移転計画中
2ヵ月も投稿をさぼってましたが、これには深い訳が・・・。

「土地は水物」
掘り出し物の気に入った土地が見つかってしまい、
この2ヵ月の間、事務所を移転するための計画に追われてました。
まだ追われ続けていますが(^_^;)

土地売買契約は済ませましたが、これから造成、そして建築。
予定では平成27年5月オープンを目指していますが、ちと厳しいかな・・・。

5年前に現在の事務所に移転したときも「税理士+相談専門かふぇ」として人を驚かせましたが、今回は輪をかけて、もっと驚かせようと企んでいます。

正式発表はまた後日。
とりあえず投稿をさぼってた言い訳だけ伝えておきます。
では、またのお楽しみを(^O^)/
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
マスターの仕事 / comments(0) / trackbacks(0)
マスターの仕事
最近、相続ネタが多いのでたまには違う話題でも。
なので、「マスターの仕事」というカテゴリーにて少し書こうかと。

マスターの仕事は「ハーブティーをいれる」ではありません(^_^;)
もちろん、「相談専門かふぇ」にてお客様の相談を受けることも仕事ですが、
マスターの一番大切な仕事は「経営マネジメント」です。
そりゃ〜そうですよね、だって経営者ですから。経営を行うのは当然です。
経営者が経営を行わなければ、顧客だけでなく、そこで働く人達を満足させることはできず、継続もありえません。
社員6人の零細企業ではありますが、経営は必要不可欠です。

ちなみに、マスターが心がけている経営は「ドラッカー経営」です。

ミッション・顧客・価値・満足・強み

これらを常に刷新し、「マーケティング」「イノベーション」を行い『顧客の創造』を図ります。
そしてそのために戦略を考え計画し、PDCAサイクルを回して目標を達成させていきます。
しつこいようですが、社員6人の零細企業であっても戦略・計画は必要不可欠です。

さて、いったい何が言いたいのか?
お気づきでしょうか?

それは、

どんなに小さな会社でも、個人事業でも、かふぇのマスターでも、
「経営」の知識と意識が必要であり、「戦略」「計画」が必要であるということ。


事業を始め社長になることは簡単です。
しかし経営者として、顧客や働く人達を満足させ、顧客を創造し、
事業を継続させることは大変難しいことなのです。
中小零細企業の8割は経営難というのが、この現実を物語っています。
この「2割の企業」と「8割の企業」の違いは、皆さんもうおわかりですよね?

今まで「ドラッカー経営セミナー」を色々とやってきましたが、もうやりません。
経営を学び実践したい方は、直接足をお運びください。
学問としてではなく、僕自身が身をもって実践してきたドラッカー経営と、その成果と、今後の戦略を、直接伝え指導することで、個々のお役に立ちたいと思います。

「相談専門かふぇ」でマスターがお待ちしております(^_-)-☆
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
マスターの仕事 / comments(0) / trackbacks(0)
経営者の「自殺」と残された「家族」

借金が膨らみ、資金繰りが苦しくなり、金策に走りまわり、
精神的にも肉体的にも追い詰められ、万策尽き、疲れ果て、
建前的には「家族や取引先に迷惑をかけまい」と、
しかし本音は「この場を逃げよう」と、

最後に「死」を選択する経営者は少なくない。

残された家族は、
悲しむ暇もなく債務整理という「尻拭い」に追われ、
頭を下げ続け、ときに後ろ指を指され、
笑顔を失くし、幸せを忘れ、
絶望のまま生きて行く。
もしくは後を追う。

僕は見てきた。
僕は聞いてきた。
僕は経験してきた。

経営者の気持ちもわかるし、家族の気持ちもわかる。
だからこそ、誰よりも何とかしたいという気持ちがある。

ただ、そんなに甘いことではないことも知っている。
ときに知識がまるで役に立たないことも知っている。
一歩間違えれば「死」を早めることがあることも知っている。

「死」を考えている経営者に対し、僕に何ができるのか?

借金を返してあげられる資金でもあれば違うだろう。
後の仕事を保証してあげられる力があれば違うだろう。
改めて自分の非力さを感じる。

それでも、今できることをしようと思う。
例え結果が悪くても、今しかできないことをしようと思う。
それが僕にできること。

中小零細企業の8割は赤字企業という現実。
そして静岡県はその中でもワースト1という現実。
多くの経営者が苦しんでいるという現実。

起業は簡単だが、経営は甘くない。

運や小手先の技術では到底太刀打ちできない厚い壁がある。
基本と原則に従って、すべきことを行い、できることに集中して、
初めて壁を乗り越え2割の黒字企業になることができるのである。

赤字を恥じることはない。
誰もがそこから始まる。
もちろん僕も。
だから何より、

切羽詰まる前に相談に来て欲しい。
「死」を考える前に相談に来て欲しい。

そして、どんなことがあっても、
絶対に死なないでください。
死ぬ覚悟で家族のために生きてください。

心からのお願いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
マスターの仕事 / comments(0) / trackbacks(0)
第二章のスタートです。

経済産業大臣&内閣府特命担当大臣より、
中小企業の支援機関として認定されました。



今後、国が、税理士を始めとする多くの「支援機関」を全国に設置し、
重要な社会的な役割を課すことが一体何を意味しているのか?

皆様おわかりでしょうか?

来年春の「金融円滑化法の廃止」と「消費税の増税」。
これにより、どのような時代が到来するでしょうか?


始まります。


そして、こちらも始まります。

岩山直樹税理士事務所が当初から行ないたかったこと。
会計・税務は当然の業務とし、経営者に正しい経営をさせ成果をあげさせること。
最も苦しい中小零細企業を支援し、経営者の家族の生活を守ること。

,垢戮こと
△任ること
をやってきた結果、

やりたいこと
が出来ることとなりました。

想像以上に大きな看板を背負いながら。
大きな力を借りながら。
大きな責任も背負いながら。

嬉しいと共に、とても身が引き締まる思いです。

来年迎える40歳から50歳で計画している「第二章」が順調にスタートできそうです。

継続は力なり by 父
成せば成る by 母
世のため人のため by ドラッカー

感謝してます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
マスターの仕事 / comments(0) / trackbacks(0)
第1号『認定経営革新等支援機関』で明日の新聞は?

2012年11月5日(月)の本日、中小企業経営力強化支援法に基づく『経営革新等支援機関』の第1号の認定が行われ、中小企業庁のホームページにて公表されました。
もちろん、岩山直樹税理士事務所も認定され、「認定番号777」という素晴らしい番号も頂きました
\(^o^)/

ちなみに、認定された『経営革新等支援機関』のほとんどは金融機関と税理士事務所です。
それが何を意味するか・・・

さて、2013年3月31日「金融円滑化法」の廃止により、多くの金融機関は不良債権を抱え、不良債権先の「延命」or「切り捨て」の判断を迫られ、また消費税増税の影響も受け、結果として多くの企業の倒産が予測されています。

「大倒産時代の幕開け」とも言われています。

そのために新たに用意されたのが、
「中小企業経営力強化支援法」であり『経営革新等支援機関』です。

今後は、金融機関が不良債権先企業に対し、支援機関の支援を受けてもらい(支援を依頼し)、経営改善計画の策定を始め様々な支援を行い再建を図っていくという流れになってくると思います。

また金融機関は、支援機関の支援を受けた企業に対しては有利な条件で融資(保証料の引き下げ/無保証融資)をするという商品をこぞって発表しています。

明日の新聞では、『経営革新等支援機関』と、『各金融機関の新たな融資商品』がリリースされることでしょう。

さて、

これらの今後の流れを見て何かに気づいたでしょうか?

それは、

『経営革新等支援機関』の大きな役割。

それもありますが・・・、

何より、

税理士事務所が『経営革新等支援機関』であることの重要性。

これから金融機関は、支援機関である税理士事務所に様々な支援を依頼します。
裏を返せば、支援機関でない税理士事務所には支援を依頼しないことになります。

なぜならば、金融機関は、支援機関に対し今後の判断材料となる経営改善計画を策定してもらたいたいし、支援機関を通すことで新たな商品(融資)を提供できるからです。
そしてまた多くの企業が、有利な商品(融資)を利用したいからです。

今回の認定により、税理士業界が二極化するとの声もあります。
大変な時代となりました。

しかし、そんなことは言ってはいられません。
多くの中小零細企業を、多くの経営者家族救うためにも、
多くの税理士事務所が『経営革新等支援機関』に認定されることを期待します。

税理士という仕事が社会に認められ、
せっかく大きな役割を与えてもらえたのですから、

世に、社会に、貢献するチャンスです!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
マスターの仕事 / comments(0) / trackbacks(0)
租税教室




富士見高校3年生300人を対象に「租税教室」やってきました。

やっぱ大人数の方が楽しいね(^^♪

でも持ち時間は40分と短く
あっと言う間に終わってしまいました。
もっと喋りたかった・・・

でも、

■税金の大切さ・必要性
■税金の知識の必要性

少しでもわかってもらえたら幸いです。
これからの日本は君達が創っていくのだから!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
マスターの仕事 / comments(0) / trackbacks(0)
【ラジオエフ】小出さんの番組に出演してきました

って言っても、録音ですが。

放送は5月19日だったかな?
毎週木曜日16時〜16時30分の「ビジネスプラス」という番組です。
4月からは全県ネットになるみたいで、聴けなかった人のためにYouTubeにもアップされるそうです。

過去の出演者を見てみると有名な方ばかりで、
本当に僕で良かったのでしょうか?

でも、小出さんが最初に話してくれた言葉に感激でした。
熱い者同士話は弾み、20分ほどでしたが、緊張する間もなく、あっと言う間の楽しいひと時でした。

よろしかったら放送聴いてみてくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
マスターの仕事 / comments(0) / trackbacks(0)