岩山直樹税理士事務所の1階は、誰もが気軽に相談できる『相談カフェ』
「利益」を信じてはいけない

マネジメントにおいて本当に必要な数字は「利益」ではない。

しかし誰もが「利益」にこだわり、「利益」を絶対とする。
しかし誰もが「利益」について何も知らない。
知っているのは、「売上−費用=利益」という、
つまらなくも的を得ていない方程式だけ。
しかも、「利益=儲け」と勘違いしている人もいる。
銀行や、ときに経営を知らない会計事務所までもが。

では、利益とは何か?

ドラッカーはこう答える。
「利益は幻想である」と。
「利益は存在しない」と。

そしてもう一方でこう答える。
「利益は社会貢献に対する結果である」と。
「利益は企業継続のうえでの条件である」と。
「未来の費用である」と。

つまるところ、
利益を計上することは条件でこそあるが、
だからと言って、カタチあるものでもなく、
そこからわかることは、計画との違いはどれだけか?
という比較対象としての数字であるということ。

10万円以上のものは資産に計上し、
数年にわたって費用化していくという税務会計上の費用。
素晴らしい人材や技術をも資産として計上することもなく、
継続を条件としながらも1年間というスパンで区切られ、
無理矢理に売上と費用を対応させて計算した、
税金を計算するための利益。

そんな貸借対照表(BS)・損益計算書(PL)から、
企業の本当の価値や将来を見る事ができるだろうか?
マネジメントにおいて本当に必要な数字があるのだろうか?
僕は不思議に思う。


唯一信じられる数字は、預金残高と借入金残高くらいであろう。
ただ、それすら操ることもできるが。

僕がマネジメントにおいて最も必要とする数字は、

資産とか費用とか区別することなく、
将来において顧客・キャッシュを創造する活動にどれだけのお金が使われ、
逆にそれ以外の活動にどれだけのお金が使われ、
実際にどのような活動・お金から顧客・キャッシュがどれだけ創造され、
そして、将来のビジョンに対し現在どの位置にいるのか把握するための、

戦略的かつ計画的かつ論理的な数字。

売上−費用=利益

ではなく、

将来の費用=△費用+売上

利益など存在せず、
ましてや売上など約束されておらず、
あるのは費用だけである。

企業の継続を条件として、
将来の費用を得るために、費用を上回る売上(回収)が必要であるということ。

費用(支出)が先であり、費用だけが存在し、
費用を上回る売上(回収)こそ、
「顧客にとっての価値への対価」であり、
その価値を提供し続けることにより「顧客満足」が得られ、
企業の目的である『顧客の創造』を果たすことが可能となる。

事務所の購入資金も、
看板の設置費用も、
広告宣伝費も、
スタッフへの給料も、

将来キャッシュを獲得するための、
費用を上回る売上(回収)にするための、
同じ費用である。

そこに利益など存在しない。
そんな幻想よりも、事実としての預金残高の方が、
よっぽど意味のある数字である。

なんて、
難しくも偏屈に思われそうな「会計の話」を
ドラッカーとしてみたかったです。



興味のある方、今度お話しましょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
会計の話 / comments(0) / trackbacks(0)
黒字倒産

黒字なのに、利益が出ているのに、なぜ?

不思議に思うかも知れません。

とある銀行員が言いました。
「毎年利益が出ているのに運転資金が足りなくなるのはおかしい」

確かにそう思うかも知れません。

でも実際に「お金」は足りないのです。
利益が5,000万円出ていても、「お金」は4,000万円足りないのです。

ドラッカーは言います。
「利益など存在しない」と。

皆さんが知っている利益とは、「損益計算書の最後の数字」かと思います。
もちろんこれも「一つの利益」です。
あくまで「一つの利益」であり、「一つの考え方」にすぎません。
「税金を計算するための数字」とも言えます。

私達が最も意識しなければいけないのは、
損益計算書上の利益ではなく、キャッシュフロー上の利益(余剰)なのです。
資金繰りであり、資金の流れであり、流れる資金の内容であり、
最終的には貸借対照表上のキャッシュ(現預金)なのです。

損益計算書上の利益では見えないものが、そこにあります。
目先の利益より大切なものが、そこにはあります。
目指すべき利益が、そこにはあります。

これから来る「大増税時代」に向け、
キャッシュフローを意識した経営をはじめていきましょう。

個人事業主の損益計算書には税金(所得税)は計上されていません。
このことが何を意味するか考えてみましょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
会計の話 / comments(0) / trackbacks(0)
僕には「数字の声」が聞こえる

小さい頃から数字が好きだった。
計算問題よりも証明問題が好きだった。
方程式が好きだった。
難題を解くことが好きだった。

だから今の仕事は僕にとって天職。
大好きな数字に囲まれ、次から次へと難解な問題が降ってくる。
難題を解き、お客様が満足してくれたことに幸せを感じる。

僕は数字を大切に扱う。

決算書の結果としての数字だけでなく、
原因から結果に至るまでの過程としての数字。
構成とバランス。

僕には「数字の声」が聞こえる。

これは別に特殊能力ではなく、
大好きな数字から何かを感じ取ろうとする姿勢によるもの。

経営のすべては数字に表わされる。

ゆえに、
数字を見ればその会社がどのような経営を行ってきたかがわかる。
どこに原因があり何を改善させれば良いか数字が勝手に教えてくれる。

昨日から始まった某企業の経営再建コンサルティング。
1日かけて「数字の声」をしっかり聞かせてもらった。
そして数字から、改善策であり、今期1年すべき事を教えてもらった。
まずは財務戦略だけで年間数百万円の資金増。
その後は、もっともっと様々な「数字の」声を聞きながら、
ドラッカーと共に事業戦略を策定していこうと思います。

経営者の皆様、是非「数字の声」に耳を傾ける努力をしてみてください。
きっと何かを教えてくれるはずです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
会計の話 / comments(1) / trackbacks(0)
「利益≠儲け」 利益に騙されてはいけない

利益は「儲け」ではない。

「利益はでてるのにお金が残らない」と思っている経営者も多いのではないだろうか。
そしてまた、利益は「都合により変化するもの」である。

例えば、‥效呂鮗擽發靴毒磴辰疹豺腓函↓賃貸で借りた場合。
返済金(利息は考えず)と賃貸料が同額だったとする。

,両豺隋⊆敍金の返済は経費ではなく、また土地は減価償却できず、結果経費にならない。

△両豺隋地代が経費として計上される。

同じお金を払っていても、経費は異なり、利益は異なる。
利益が異なれば税金も異なるのは言うまでもない。

では利益って一体何だろう?

その答えがここにある。



『ドラッカーと会計の話をしよう』

「利益は存在しない」
「大切なのは絵に描いた餅(利益)ではなく札束」
「会計の知識では正しい経営判断ができない」

数字の奥にあるもの。
数字から聞こえる声。

利益に惑わされてはいけない。
利益を追求してはいけない。

大切なのは「将来のキャッシュ(札束)を創造させること」に力とキャッシュを注ぐこと。

私達は1年単位で経営をしているわけではない。
世のため人のために生涯をかけて経営をしている。

だからこそ、1年単位で区切られた利益などに惑わされてはいけない。
ましてや、そんな短期的な利益を追求してはいけない。

とは言え、『毎月の適正利益』を把握することは必要である。
ビジョンにおける現在地の把握として、計画と実績との差異の把握として、税金の予測として。
くるべき未来に向け、しっかりと準備しておく必要がある。

キャッシュを意識した財務戦略

ハーブティーを飲みながら、マスターと会計の話をしよう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
会計の話 / comments(0) / trackbacks(0)
公開質問「青色事業専従者給与」について

ペンネームcaz様より、

現在、私は青色事業専従者になっているのですが、私がパートで働きに出ながら両立すると青色事業専従者とみなされるのでしょうか?

マスターがお答えします。

青色事業専従者とは、
青色申告を要件に家族への給料を経費として認めるというものです。
これにより所得(利益)が分散され、結果節税となります。

青色事業専従者の要件の一つに、
「1年を通じて6月を超える期間、その青色申告者の営む事業に専ら従事していること」という規定があります。

つまり、caz様の場合、
夫の事業にどれくらい専従しているか?
がポイントとなります。

営業時間のほとんどを専従者として働き、
営業時間以外にパートで働く分には問題ありません。

ただし、営業時間中にパートで働く場合には注意が必要です。
1年を通じて6月を超えること
他の仕事が短時間等「主」でないこと
専従している事業に支障をきたさないこと
など、職種や仕事内容にもよりますが、

基本、家族のために専ら従事して働く場合の特例

と言う事を忘れずに。


<<マスターからのワンポイントアドバイス!>>

「青色事業専従者として認めらないからパートとして働くのを辞める」のではなく、認められない事による税負担の増加分以上にパートで稼げるようであれば、結果収入増になるので一つの手段かと思います。
また逆に、caz様がもっと事業に専念し、夫のマネジメントを行い、事業で収入増を図ることも一つかと思います。
何にせよ、税金は「結果に対する単なる副産物」であるという事を忘れずに。



★当ブログでの公開質問・公開相談はこちら
★マスターによる相談・レッスン・倶楽部はこちら
★マスターのいるブックカフェ学び家はこちら

Produced by
ブックカフェ学び家&岩山直樹税理士事務所
富士市石坂278-1/0545-22-6558

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
会計の話 / comments(0) / trackbacks(0)
公開質問「青色申告特別控除について」

ペンネームcaz様より、

「先日 青色申告会に帳簿の書き方など初歩的なことを聞きに行ってきました。
今までどおりの現金出納帳でOKとのことで貸借対照表はつけなくても・・・と。
『つければ 65万円の控除が受けられるけどね』
みたいな感じだったのですが??
それでいいのかしら?」


マスターがお答えします。

青色申告では、複式簿記により損益計算書と貸借対照表を作成することを基本としています。
この場合は、「65万円の特別控除」を受ける事が出来ます。

ただ、なかなかそこまで行うのは難しいので、
現金出納帳(青色申告では必須)を付け、損益計算書が出来ていれば「10万円の特別控除」が受けられます。

ちなみに、

損益計算書とは、売上−経費=「当期の利益」を把握するものです。
白色申告の時は、収支内訳書と呼んでいたと思います。

貸借対照表とは、「期末時点での資産の状況」を把握するものです。
期末時点の現金・預金残高や、固定資産・未払金・借入金など。

会計ソフトを利用すると、現金出納帳を入力していけば、損益計算書と貸借対照表が自動的に作成されます。
ただ、現金以外の取引(預金取引・掛取引)もあるので、一概に簡単とは言えませんが・・・。

(65万円−10万円)×5%(最低税率)=27,500円の所得税の節税。
住民税・国民健康保険税などを考えると、それ以上(5万以上?)の節税。

あなたはどちらを選択します?


も一つちなみに、

青色申告を選択するメリットは、特別控除以外にも
■家族への給料を経費として認めてくれる
■損失を繰り越すことが出来る(利益の出た年に控除できる)

など他にもあり、
現金出納帳さえ付ければ良いので白色申告とさほど変わらず
選択して損することは無いと言っても過言ではないでしょう。


<<マスターからのワンポイントアドバイス!>>

帳簿を付ける目的は、税金を計算するためではありません。
毎月しっかり帳簿を付けることにより、時点の利益を把握し、経営改善や節税などの対策を行うためにあります。
本気で利益を追求していきたいのであれば、毎月しっかり帳簿を付けましょう!
カフェdeレッスン「会計ソフト実務講座」も開催しています♪


★当ブログでの公開質問・公開相談はこちら
★マスターによる相談・レッスン・倶楽部はこちら
★マスターのいるブックカフェ学び家はこちら

Produced by
ブックカフェ学び家&岩山直樹税理士事務所
富士市石坂278-1/0545-22-6558

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
会計の話 / comments(0) / trackbacks(0)
簿記・会計は何のためにあるのか?

確定申告のシーズンです。
個人で事業をやられている方は、今一番大変な時かと思います。
年に一回の帳簿の整理と集計作業に・・・

税理士事務所において一番メインの仕事は「会計指導」です。
適正な会計があり、適正な利益が計算されて、初めて税金が計算できます。
税金はあくまで結果であって、その前の過程が大切なのです。

会計処理を行うには最低でも「簿記」の知識が必要です。

中小零細企業のほとんどは経理事務員を雇えないため、自社で会計処理をする事ができず税理士事務所が行っているのが現状です

最近では色々な会計ソフトが出ており、簡単に会計処理をすることができますが、簿記の知識がないと「単なる帳簿の整理と集計作業」になってしまいます。
これは非常にもったいないことです。

会計の目的は、
‥正な利益の把握
⊃字による問題点の把握
にあり、そのために簿記の知識が必要となるのです。


問題点が把握できたら改善さえすれば良いだけの話で、
その改善により利益は上がることになります。

では質問です

’に一回だけ「適正な利益」と「数字による問題点」を把握する
∨莊遏崚正な利益」と「数字による問題点」を把握する
両者を比較したとき、どちらがより利益が上がるでしょうか?


その答えが、会計の本当の目的であり、僕達の仕事なのです。

僕達はビジネスドクターとして、毎月適正な会計処理を行い、「適正な利益」と「数字による問題点」を把握し、将来を予測し、改善策を練り、実行し、改善し、会社をより利益体質にしていきます

僕達が簿記・会計を重視しているのは、決して税金の申告をするためでなく、利益をあげるためということを知ってもらえたら幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村 子育てブログ 双子へ
ランキング参加中!応援よろしく!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
会計の話 / comments(0) / trackbacks(0)